男女関係

異性の友達に対して友達以上の関係になりたいと悩む人は意外と多いのではないでしょうか。
学生のサークル仲間や職場の同僚などで、一緒に過ごすことが頻繁にあると、相手の事がいつの間にか気になる存在になっていたということはよくある話です。
同じ活動、仕事で共に励んでいれば、相手の努力する姿にときめいたり、励まし合う楽しさに心が弾んだりするものです。
それが徐々に恋愛感情へと発展し、気付いたら恋をしていたという場合もあるでしょう。
同期入社の異性の社員が、頑張ったり落ち込んだりしている姿を見てどう思うでしょうか。
反対に自分が落ち込んでいる時に、声をかけてくれる同期がいたらどんな気持ちになるでしょう。

片方が男性であり、片方が女性である場合、それだけで恋愛感情が生まれる確率は一気に急上昇するものです。
ただの友達だったはずの相手をいつの間にか好きになっていたとしても、そこに負い目を感じる必要は一切ありません。
相手にとって迷惑になるのではないかと考えてしまう事もあるでしょう。
しかし「好き」という感情を持つことに罪悪感を覚えるのもおかしな話です。
大切なのは自分の感情の良し悪しではなく、相手の良いところを一つ一つ胸の中に積み重ねていくべきなのです。

そうとはいえ、友達から恋人への昇格には高いハードルがあります。
自分に自信が持てないために告白することもできないという場合や、今の関係を壊す事への恐怖から一歩踏み出せないという人は多いでしょう。
しかし逆に考えれば、相手が異性であるなら、当然相手にとってもこちらは異性なのです。
ふとした瞬間にちょっとしたギャップを見せたり、相手が喜ぶような事をしてあげれば、相手からも友達以上の感情を向けてもらえるかもしれません。

最初は友達としての出会いだったとしても、それを理由に恋を諦める必要はないのです。
大学や会社の仲間以外にも、出会いアプリのように友達の募集を出来るところもあります。
ここでも同じように相手が異性であるなら恋心を持つ可能性はいくらでもあるでしょう。
アプリを通して仲良くなった友人に、恋の誘いをかけるのはとても勇気がいります。
それでもほんの一歩を踏み出してみれば、関係が一気に変わる事もあるかもしれません。